大阪市漁業協同組合

大阪湾で獲れたべっこうしじみ

大阪市漁協のサイトマップ

大阪市漁業協同組合による浄化活動概要

平成15年8月から、国土交通省の理解のもと、淀川左岸でヘドロが流入した干潟周辺にEMによる浄化活動を行いました。

EM活性液とEM泥団子を1000個投入。その後2カ月半にわたり、EM活性液を投入。その結果ヘドロが砂地に変わっていくのを確認しています。

大阪湾の再生に向けて、流入する河川の浄化、そして生活する人々に環境への関心をもってもらうために、大阪の中心地である道頓堀川の浄化活動も平成16年4月から取り組んでいます。

 

【底質の柱状サンプリング】

右の写真は、採泥試料の比較で、約7カ月で38センチメートルのヘドロが分解されました。

  • 採取場所は「戎橋下手」
  • 右のヘドロ柱が1月16日採取
  • 真ん中のヘドロ柱 8月25日採取

道頓堀川へEM泥団子及びEM活性液を投入

環境浄化活動の詳しい内容は大阪市漁業協同組合のブログでご覧いただけます。

ページトップへ